お手軽セルフエステとは?

入浴タイムを有効に使おう

美しい肌を目指しているならば、入浴タイムは有効に活用しましょう。まず、シャワーだけで済ませないで、湯船にしっかり浸かることが大切です。適温を心がけて、熱すぎないようにしましょう。40~42度が目安となります。お湯の温度が高いと、肌の乾燥が進みます。
また、浴槽に潤い効果が高い入浴剤を入れる方法もおすすめです。血行が促進されますし、滑らかな肌になります。さらに、浴室に雑誌を持ち込んだり、テレビを視聴できるような環境に整えたりして、長く湯船に浸かる方法は最適です。じっくり汗を流すことができますので、セルフエステとして最適です。半身浴にすれば、より長く浴室に入っていることが可能になりますからおすすめです。

洗顔方法を工夫することはとても大事

毎日の洗顔はとても大切ですから、工夫することをおすすめします。まず、ぬるま湯をたっぷり使って肌の汚れを落としましょう。洗顔料は十分に泡立てて、優しく顔を包み込むように洗うのがポイントです。洗い流した後は、化粧水をつけて潤いをキープすることが大事です。
また、週に一度は、洗面器に湯気が出るほどのお湯を張り、頭にバスタオルをかぶって水面に顔を近づけましょう。バスタオルで湯気を逃さないようにすれば、セルフエステと同じ効果を期待できます。さらに、アロマオイルを洗面器に垂らせば、良い香りが立ち上りますので、リラックスすることができます。心が安定すれば、肌にも好影響を与えますので、アロマオイルは積極的に活用しましょう。